歯科治療はすごく進化している!?最新の技術とは?

マイクロスコープを使った治療

人はみんな、必ずと言っていいほど、苦手な事が1つはあるものです。中でも、歯科治療は特に苦手だと思う人が多いのではないでしょうか。歯科治療と言えば、やはり痛いというイメージが強いかもしれません。ですが、時間の流れと共に、その技術はどんどん進化を続けています。そして最近では、マイクロスコープという機械を導入している歯科医院がいくつか存在します。マイクロスコープとは歯科で使うための顕微鏡で、これを使用する事で治療する患部を大きく拡大して確認する事ができるのです。人の口の中というのは、とても狭く暗い領域なので、患部を肉眼で確認しながら治療していくのは非常に大変なのです。場合によっては、肉眼ではわかりにくい、とても小さな虫歯を見逃してしまったり、虫歯を取り残してしまうといった事もあります。しかしマイクロスコープを使えば、どんなに小さい虫歯でも早期発見する事ができ、精密で的確な治療が行えるのです。

利点ばかりではない?

永久歯はもう二度と生えてくる事はなく、一生付き合っていかないといけないものなので、やはり自分の歯を長持ちさせたいですよね。マイクロスコープを用いた治療なら、精密な治療が可能なので、歯を長持ちさせる事ができるのです。小さな病巣も早期発見する事ができ、虫歯も的確に除去する事ができるなど、利点の多いマイクロスコープですが、使っている歯科医院はまだ少ないのです。導入するのに費用がかかり、使いこなせるようになるまで少し訓練が必要なので、少々手間がかかるのです。どんなに便利なものでも、必ずデメリットがあるのです。

根管治療とは歯の治療を指します。近年ではニッケルチタンファイルなどを用いることで湾曲根管の治療が容易になっています。