「あなたの脱毛ケア、間違ってない?」脱毛において気を付けるべきポイント

ポイントその1場所によってケア方法を変えるべし

まず、脱毛ケアの方法としてありがちな間違いが「全ての場所を同じ方法で脱毛する」ということです。

例えば「髪の毛」と「脚の毛」が全く違う毛であることからも分かるように、部位によって「毛質」は全く異なっているます。生えてくる速度や濃さ、異なるそれぞれの特質に対して適切な処理をしないと更に「濃く」なってしまったり跡が残ってしまったりと後々処理が面倒になってきてしまいます。

例えば顔やうなじなどはカミソリで細かく剃ったほうがムラなく綺麗に剃ることができますが、脇と脛はカミソリ等で「剃る」と、他部位より早く、毛量が増加かつ一本一本が「太く」なります。この場合は脱毛シートか脱毛クリームなど、「剃る」以外の方法を用いるのが適切です。

ひとつの方法に拘らず、各部位によって別々なケアをするのがベストであると言えるでしょう。

ポイントその2剃り残しを防ぐには「向き」が重要

カミソリなどで脱毛処理をする際に、毛の向きに逆らって、「下から上へ」剃っている方が非常に多いようですが、これは大きな間違いです。

実は剃り残しを防ぐ為には、むしろ逆の「上から下へ」剃ることが重要なのです。基本的に逆方向に剃ると切り口が「斜め」になってしまい、その部分を切り取るためにまた逆方向から剃りあげる過程が必要になってしまうため、二度手間な上、肌の上を何度も刃がなぞることで、肌を必要以上に刺激してしまうため非常によくありません。

対して、毛の向きに逆らわず切り落とすと、断面が最小限の大きさで済み、剃ったあともそれほど分かりやすい「剃り跡」が残りにくく、必要最低限の肌刺激で済むので徐々に毛量が減っていきます。

現在剃り残しのや毛量の多さで悩んでいる方はぜひ試してみてください。

上野の脱毛の盛んな店舗では、新規の顧客を対象としたキャンペーンが展開されており、格安価格で人気の施術を受けることも可能です。